FC2ブログ

プリスクールにかかるお金を検討

(2014-02-02)
ものすごくお金がかかるイメージですが、
そりゃ普通に保育園に預けるよりは全然かかると思います。

検討すべきはその『程度』かなと。

ですので、下記の通り比較検討してみました。

・大阪市で年収600万の過程が、保育園に入れた場合と、プリスクールに入れた場合の総計の比較。
※2歳〜小学校入学迄預けた場合。

<普通の保育園>
平成24年分の所得税課税額が103,000円以上183,000円未満である世帯
➡ ¥45,100 ¥32,700 ¥26,400 ¥26,400

<プリスクール>
➡ ¥86,700

4年間通わせると、差額は¥2,594,400 となります。

この250万分が英語保育にかかる必要になるかと思います。

スポンサーサイト





英才教育は必要か?

(2014-02-02)
子供に小さい時から英語を学ばせる事については結構抵抗がありました。

というのも、第一言語をしっかり習得していない段階での第二言語の習得は、
ダブルリミテッド、セミリンガルと言った言葉が一人歩きしているため、
本当に子供にとって良い事か分からなかったからです。

しかし、バイリンガル(プリスクール)が流行してから結構経ちますので、
そういった問題は特に聞こえてきません。(表面化していないだけかもしれませんが。)

子供が英語を話せる事に対して、嫌な親はいないかと思います。
近年これだけ、グローバルな人材が重宝され、
英語を話せる事によって、将来活躍出来るチャンスが広がるかと思いますが、
それよりも、直接的に将来英語が出来る事によって他の子供より、
かなり大きなアドバンテージになることがあります。

それが大学受験です。

例えば、2018年度以降に予定されている大学入試改革について、TOEICなどの英語資格試験を 大学入試センター試験に活用する特例措置を、予定より前倒しして導入する方向で文部科学省が検討しているようです。TOEICだと780点、準一級だとセンターが満点扱いになるようです。

5年後、10年後だと、センター試験の制度自体が今よりかなり変わっていると思いますが、それでもかなりのアドバンテージです。

これが、プリスクールに入れてみようかなと思った動機でした。


自分で公文の教材を入手出来ないか?

(2014-02-02)
ところで、公文の教材を入手して、自宅で子供に教える事は出来ないのか?

公文に通わせようと考えてる親御さんなら1度は考えてみた事があるのではないでしょうか。

ということで、色々調べてみました。

結論から言うとかなり難しいです。

まず、公文は教材の流出にかなり厳しいです。
教室単位できっちり管理されているようです。

となると、オークションに出回ってないか探してみると。。
あるにはあるが、全て揃えるのは相当難しい(そんなに流通していない)のと、未使用ものは値段が高いです。
※例えば『6A_200枚_未使用』だと5000〜6000円程。

これだと、普通に通わせても変わらないかなーと思いますが。

うちは、公文に通わせず、自宅でそれ相応の勉強を子供にさせることにしました。

まず、通わせるよりも自宅でやらせようと思った大きな理由として、

子供の勉強の進み具合を親が把握してないとだめじゃないか??

と思ったからです。

自分が教えるとちゃんと分からない所を教えながら進めていく事が出来ますしね。

※ちなみに、公文では教えずに子供に自ら解かせて力をつける〜など方針が出てますが、
自分はそんな事はなくて、きっちり見ていて、分からない所は教えてあげた方が良いと思ってます。

それでも、公文式で自宅で進めていくにはどうしても公文のプリントは見てみたいところ。
そこで先ほどのヤフオクで、使用済みのプリントをゲットするのです。
使用済みだと、値段は一気に300円〜1000円程で入手出来ます。

後は、市販のドリルや無料でダウンロード出来るプリントを使用して自宅で進めていく。

どうでしょう?

という訳で、このブログは、これから1年近くかけて、ヤフオクで公文の使用済みプリントをゲットしつつ、
その構成を分析して、市販のドリルや無料プリントでどのように代用していくか、
その考察結果を報告していこうと思っています。

まあ、公文の先生もフランチャイズなので、主婦が先生している、
自分でやってやれないことはないのかなと。。


なぜ公文を習わせるか

(2014-02-02)
少なくとも算数だけはやらせようかなぁーと思ってます。

なぜかって?
小さい時にあれやこれやと習い事をやらされてましたが、
その中で、公文だけは本当に親に感謝しているからです!

デメリットも色々挙げられていますが、
それを差し引いても十分やらせる価値はあると思ってます。

ちなみに、自分は小学5年生で中学2年位の所でやめちゃいました。
※あまりよく覚えていない。。

<公文やっていて良かった事>
・算数が出来るという事が、1つの自信になっていた
・勉強する習慣が身に付いた(高校で木っ端微塵になくなりましたが。。)
・中学3年間、数学がずっと5
・センター試験の数学が満点だった(ⅡBは満点じゃなかったですが。。)
・私生活レベルでの暗算が出来る

大人になって改めて考えるとこんな感じでしょうか。
別に公文が絶対的に良いと言っている訳ではありませんが、
計算問題を繰り返し解くとことはそんなに悪いと判断していません。

で、1月の月謝ですが、6300円となります。

ここで1つ、分からない事が。

公文の教材ですが、算数であれば『6A』から始まりますが、
いったい何時から始めればいいんでしょう?
うちのゆー君はまだ9ヶ月。。

という訳で、公文に電凸してみました。

・子供が9ヶ月だが算数を習いたいと思っている。
 『6A』から始める場合、何時から通わせれば良いか。
➡明確に決まっていない。その子が出来るようになればその時からで問題ない。

・幼児教育に関心があるのであれば、ベビー公文があるので、そちらを検討してみてはどうか。
➡了解しました。確認してみます。

だそうです。。

つまり子供が出来るようになればいつでもよいんですね〜。


このブログについて

(2014-02-02)
初めましてこんにちは
もうすぐ30代の柚子と申します。

2013年5月に元気な男の子を授かりました。

すくすく育ち、あっという間に9ヶ月になります^^

少しでも子供に良いことをしてあげたいなと思い、色々取り組んでいます。

その道中で、良く情報収集してますので、
自分の備忘録と共に、今後同じように調べる方に
情報が提供出来たらなと思い、ブログを始める事にしました。

ちまたにあふれている知的玩具を実際に使ってみてどんな感じか?
といったレポート発信なんかは出来ると思います。
※両親からたくさんおもちゃが届きます^^;

また、特に下記2点については実際に取り組む予定ですので、
生きた情報が発信出来るかと思います。

・プリスクール入園(英才教育)
・公文(算数、国語?)

それでは、更新頻度は高くないですが、
出来るだけ有用な情報をご提供していきたいなと思います^^b


プロフィール
もうすぐ30代の柚子です。 2013年5月に元気な男の子が産まれました。 随時、幼児教育に関連する情報を集めてます。 備忘録と共に皆様に少しでもご活用頂ければ幸いです。

柚子の種

Author:柚子の種
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR